【ラン編】POLAR V800


概要

皇居で5km x 3のビルドアップ走してみました。

記録はこちら。

https://flow.polar.com/training/analysis/18034324

概要表示

トレーニングの概要はこんな感じです。

まぁ、至って普通な情報が出ていますが、着目すべきはランニングインデックスという指標。

POLAR独自の指標です。

Screenshot_6_29_14__17_33

 

ランニングインデックスとは

ランニングインデックス(RI)とは、どの程度効率的に走っているかを点数化するものです。要は、ランニング時のパフォーマンスです。いかに効率良く速く走れているかという数字。

RIの使い方は、継続的にRIを記録して自分のパフォーマンスの変化を見ていきましょうということ。

中距離走で、フルマラソンの走力がどの程度かを知れるのは楽でいいですね!

 

ランニングインデックスの数値の意味はこんな感じ。

Running Index

Performance Level

< 30 – 30 Very poor
31 – 37 Poor
38 – 44 Fair
45 – 51 Average
52 – 58 Good
59 – 65 Very good
> 65 Excellent

 

RI値と目標とするタイムの表はこちら。今回のトレーニングで計測されたRIは65なので、フルマラソン3時間2分ぐらいのペースを走れると言うことらしい。

さすがにサブ3は無理だと思うのでちょっと大げさに出るのかなーと思います。

クーパーテストとの比較も出ているので、自分のパフォーマンスを相対的にも計れます。

Running Index

Cooper test (m)

5 km (h:mm:ss)

10 km (h:mm:ss)

21.098 km (h:mm:ss)

42.195 km (h:mm:ss)

36 1900 0:37:30 1:16:00 2:45:00 5:45:00
38 2000 0:35:00 1:11:30 2:34:00 5:20:00
40 2100 0:32:30 1:06:30 2:24:00 5:00:00
42 2200 0:30:45 1:03:00 2:16:00 4:45:00
44 2300 0:29:00 0:59:30 2:09:00 4:30:00
46 2400 0:28:00 0:57:30 2:04:00 4:20:00
48 2500 0:26:45 0:55:00 1:59:00 4:10:00
50 2600 0:25:30 0:52:30 1:54:00 4:00:00
52 2700 0:24:15 0:50:00 1:49:00 3:50:00
54 2850 0:23:15 0:48:00 1:44:00 3:40:00
56 2950 0:22:15 0:46:00 1:40:00 3:32:00
58 3100 0:21:15 0:44:00 1:36:00 3:25:00
60 3200 0:20:30 0:42:30 1:33:00 3:18:00
62 3300 0:19:30 0:40:30 1:29:00 3:10:00
64 3400 0:19:00 0:39:30 1:26:00 3:05:00
66 3500 0:18:30 0:38:30 1:24:00 3:00:00
68 3650 0:17:45 0:37:00 1:21:00 2:55:00
70 3750 0:17:15 0:36:00 1:19:00 2:50:00
72 3900 0:16:30 0:34:30 1:16:00 2:45:00
74 4000 0:16:00 0:33:30 1:14:00 2:40:00
76 4100 0:15:30 0:32:30 1:12:00 2:35:00
78 4200 0:15:15 0:32:00 1:10:00 2:30:00

 

心拍とペース

1本目から、最大心拍の70%、80%、90%とある程度追い込めた事がわかります。

2本目、3本目はペースに変化が無いですが心拍は上がってしまっているので、バテていることがわかりますね。

トレーニング時のパフォーマンスを細かく記録することによって、計画、実行、反省ができてより効率の良いトレーニングのサイクルを回せそうです

Screenshot_6_29_14__17_34

雑感

屋外と言うことも有り、GPSの感度が良く、スタート地点に戻ってくると本当にぴったり5kmでした!すばらしい。

追体験動画

おまけに、こんな感じの動画まで作ってくれちゃいます。

https://flow.polar.com/training/relive/18034324


Yuki Matsukura

Minedia, Inc. マインディア CTO

You may also like...

1 Response

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.