トライアスロン・ロードバイクの未来が見えるEverysight社 Raptor スマートグラスを日本初購入!

概要

  • 以前ご紹介させていただいた「Zwift Runにピッタリな最強コスパトレッドミル「Barwingルームランナー」を使って1年半経ちました」に続き、スマートグラスに関して人柱となり、寄稿させていただきました。
  • 今回はトライアスロン(バイク、ラン)又はロードバイク単体での使用を想定した、イスラエルのベンチャー企業Everysight社のスマートグラス、Raptorを日本第一号として購入し、まさに人柱となってレビューします。
  • 市民トライアスリートとして、特にバイク練習時はサイコンやGPSウォッチを見ながら冷っとしたことは多いのですが、それを軽減してくれる革命的な製品だと思います。
  • ドラゴンボールを見てことがある方なら、スーパーサイヤ人が出たての頃装着していたカウスターのイメージにピッタリで、サングラスの内側にスピード、距離、走行時間、パワー、心拍数、地図、ルート(ナビ機能あり)が表示され、動画・写真撮影、音楽プレイなどもできる正に夢のサングラスです。ランニングでも十分使えることを確認できました。
開封の儀:専用ハードケースとソフトケース(巾着袋)が同梱されています。精密機器なので、常にハードケースに入れて保管しています。

Raptor使用時の画面イメージ(文字は実際は明るい黄緑色)

スマートグラスのコンセプトが発表されてから大分たちますが、製品化されたのは僅かです。Recon JetSolosGarmin Varia J VisionEverysight Raptorなどが発売されましたが、ほとんど定着せず現在残っているのはSolosとRaptorのみのようです。

最終的にYoutuberのレビューを見て、Raptorの優位性を確信し、Raptorを購入を決意。しかし出荷は欧米のみで日本を含むアジアには出荷されないため、いつものごとくebayを頼りに購入しました。価格は新古品で約40,000円、新品が公式サイトで約80,000円ということを考えるとお得でした。Solosとの決定的な違いは、バッテリー時間8h(Solosは5h)ということとGPS搭載(Solosは非搭載でスマホ連携が必須)ということでした。

メリット

  • スピード表示
  • パワー表示
    ケイデンス表示
    走行距離表示
    走行時間表示
    地図表示
    ルート(ナビ機能)
  • 音楽再生

デメリット

  • 重めで特にランでの長時間装着は苦痛になるかも。バイクでは3-4H装着しましたが、それほど苦にはなりませんでした。
    入手性:早アマゾン等で販売してほしいですね。
    価格:早く量が出て安くなってほしい。
  • 画面表示のカスタマイズ
    スマホで表示対象・構成、表示位置などを自由に変更可能

使用感

  • 装着
    98グラムなんでサングラスとしては重めでずっしり来ます。しかしフレームにがっちりホホールド感があるせいか、バイク・ラン共に走行中にずれたりはしません。
  • 仕組
    右目側に小さなプロジェクターがついていて、それをサングラスの内側に映す仕組み。右利き目、左利き目の両方に対応しています。私は右利き目(デフォルト設定)です。
  • 操作方法(本体)
    フレームの右側がタッチパネルになっていて、指でタップ、ダブルタップ、前後左右へのスライドで操作できます。別売りのコントローラーが便利かも(ebayで出てくるのを待ってます)
  • 操作方法・設定(スマホアプリ)
    ほとんどの操作・設定は本体でできますが、本体・スマホGPS切替、スマホからの通知有無、カメラの解像度・動画撮影モード切替のみアプリでの設定変更が必要。
  • 接続性
    Bluetooth/Ant+の両方のデバイスに接続可能
    現時点で確認できているデバイス
    Pioneer Power Meter
    Suunto Smart HR Belf、中華サードパーティーHRベルト
  • 撮影・録画機能
    本体フレーム右をダブルタップすると撮影モードになり、右スライドで写真、左スライドで録画(最大1分)の録画がスタートします。録画時間(最大1分)はどうやら変えられないようです。
    最小解像度(480p)で録画すると画面に表示されているスピード、パワーなどが同時に録画されます。高解像度(1080P/780P)のモードですとPCで専用のツール(公式サイトからダウンロード可)を使い、映像と走行ログを合わせこむ処理が必要となります。最小解像度(480p)の画像はスマホアプリ経由でスマホに直接Wifi経由でダウンロードできます。
仕組:この右側のサングラス内側に設置されたミニプロジェクターから、映像がサングラス内側に投影されます。
仕組:この白い円の中に映像が映し出されます。表示位置はスマホアプリで移動・設定可能

      私が実際撮影した動画はこちら

SDバイク
  HDバイク
SDラン
  • バッテリー時間
    スペック上は8時間ですが、これはGPSをスマホで拾った場合のようです。GPSを本体から取ると今までの使用状況からすると5〜6時間のようです。それでも100km程度のRideはかるく行けそうです。それを超える場合、スマホの予備バッテリーを携帯し、GPSをスマホからに切り替えれば、8時間近くいけそうです。
  • サポート
    公式Webサイト等で購入していないので、製品保証は受けられませんが、公式サイトから質問すると丁寧な回答が来ます。思ったより安心できました。
電源ボタンは左フレーム付け根の裏側にあります。
フレーム右側が操作パネルです。基本は上下左右へのスワイプ及びタップ・ダブルタップのみで操作します。
USB充電:さすがベンチャー先進国イスラエル企業って感じで、サングラスフレームの先端にUSB充電ポートがあります。バッテリーがなくなったら、長めのUSBケーブルとバイクジャージー後ろポケットに忍ばせたポータブルバッテリーをつないでロングライドをしのげそうです
音楽再生の映像:スピーカーの場所は特定できませんが、左右フレーム内にステレオ・サラウンドスピーカーが内蔵されている模様。
スマホアプリトップ画面:バッテーリー残量、ペアリング済センサーの接続数、ストレージ残量及び現在地地図が表示されます
設定画面トップ:GPSデータやスマホからの通知設定が可能。
スマホアプリによる表示画面設定画面:最大4つのパターンの画面の表示項目・位置を設定できます。
スマホアプリによる動画・静止画撮影モード設定画面
スマホアプリによる登録ルート・ワークアウト履歴画面

総評

  • 今後の展望
    Raptorは買いか?という問いかけに対しては、定価だとノー、その半額くらいだとお買い得感があります。ただ、ライド中の事故リスクを大幅に低減できると考えると、安い買い物かもしれません。早く日本でも発売され、量がでるようになり、安くなってほしいです。更に軽量化して、ランナーを取り込めれば爆発的に量は増え安くなるかもです。
  • 最後に参考のためのスペック情報を記載しました
    表示画面:BEAM Display Projector
    プロセッサー:Qualcomm® Snapdragon™ 410E
    メモリ・記憶ストレージ:2GB SDRAM, 16GB / 32GB (私のは32GB)
    オペレーティングシステム:Android 5.1.1 Lollipop
    カメラ:13.2 MP Point-of-View camera(静止画)、HD1080P/30fps,720P/60fps,480P/30fps
    オーディオ:内臓スピーカー, 2 Microphones
    重量:98g
    バッテリー駆動時間:最大8時間連続使用
    接続性:Bluetooth, ANT+™, GPS, Wi-Fi 802.11, Micro USB 2.0
    防水防塵性能:IP55
    ルートファイル形式: .TCX or .GPX File
    ワークアウトファイル:.FIT 
    言語:アメリカ英語のみ
    バイザー:Poly Carbonate交換可能なバイザー(交換用も公式サイトで入手可能)
    色:2色(グリーン、ブラック) 私のはグリーン
    スマホアプリ:iOS version 10以上、Android version 4.4以上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください