Stravaやってない人は、今すぐやった方が良いよ!


Stravaが良すぎて、プレミアム $59.99(約6,753円)/年 に加入しちゃいました!

Stravaの概要

  • Polar FlowGarmin Connectといったデバイスメーカーの提供するWebサービスで蓄積しているデータをより詳細に分析できたりするサービスです。
    • データの流れ:GPS内蔵時計→時計メーカーのアプリやWebサイト→Strava
    • = さまざまなフィットネス管理アプリのアグリゲーションサービスです。
  • Polar FlowやGarming Connect, Zwiftなどで取得したデータを一元的にStravaで管理出来ます。
    -使って損は無いので、とりあえず登録しましょう。

凄いところトップ3を紹介

個人的に、Stravaの優れている点を紹介します。

1. 分析機能が凄い!

  • バイクやランシューズを登録しておけば、それぞれどのくらいの距離を走ったかが表示されます。
    strava gear

  • 単純な集計もちゃんと出してくれます。Polar Flowは集計が弱いので、長期間の集計の値が出てくれません。

  • 解析対象は、ランとバイクがメインです。(スイムは距離管理は出来る程度)
    strava analysys

  • パワーメーターや、パワーメーター付きローラー台があれば、パワーカーブを見ることが出来ます。(プレミアム限定)

  • 出たことの無いレースの予測タイムや、自分のパフォーマンスの測定に便利です。
    strava analysys

  • Polar Flowにもありますが、疲労度を計算してくれます
    strava analysys

  • GPSの履歴から、ヒートマップを作成してくれます。

  • これは、ランのヒートマップ。
  • 指定した場所の周辺はマップを作成しないというプライバシーに考慮された機能です。
    strava heat map

  • バイクのヒートマップ
    strava heat map

  • バイクのヒートマップ。広域バージョン。

  • ぼちぼち、レースで遠征している所があって、面白いです。
    strava heat map

2. 仮想レース(Segment)機能が面白い!

  • 現実世界の、ある地点には仮想レースが行えるセグメントが設置されています。GPSの記録をアップロードするだけ(連携していれば、何もする必要無し)で、勝手にランキングが行われます。
  • 位置ゲーのIngressっぽくて面白いです。
  • 猛レースに似た機能です。

  • たとえば、バイクコース。

  • 秦野周辺で見ると、ちゃんとヤビツ峠とかあります。
    strava ヤビツ

  • ランのセグメントで、拡大すると、外苑周りでこんな感じです。

  • あちこちに、誰かが設定したセグメントが大量にあります。
    strava segment

  • ランのセグメントを広域で表示したところ。

  • たぶん、参加者の多い有名なランコースが表示されます。
    strava segment

  • Ironman Philippinesのランコースでの記録ですが、こんな感じで勝手にランキングが表示されます。

  • 過去、今年、年代別、体重別でカテゴライズされてランキングが出ます。
    strava segment

3. FlyBy機能が面白い!

  • 同じコース、同じ時間帯に走った人を同時に表示して、再生してくれる機能です。
  • 相関性が近い人を表示してくれます。たとえば、ロングライドに行ってすれ違った人とかも表示されます。
  • 周りとのペース比較をグラフに表示してくれます。
  • 新宿ハーフマラソンでのFlyBy

細かく凄いところ

  • クラブ(グループ)を作る機能があるので、チームで活動している場合は、Strava上でクラブを作っておくと楽しいと思います。
  • REST APIがある
    • ドキュメント
    • Polar Flowには、一般人が触れるAPIが用意されていないため、自分の行動履歴を使ったアプリをかけないのですが、Stravaと連携した上で、Stravaからデータを取得するようにすれば、アプリを書けます。
  • instagramとstravaを連携しておけば、トレーニング中に撮ったinstagramとトレーニングログを自動で紐付けたりも出来ます。
  • iOS/Androidアプリもある。
  • トレーニング用の動画があります。ローラー台やるときとかに再生するやつ。(プレミアム限定)

アカウント登録

  • もちろん、無料なのでとりあえずアカウント作って、自分の使っているサービスと連携をしてみるのが良いです。
  • 連携する前のデータは、同期されていないので、この辺りを見て、過去のデータも全部取り込むことをオススメします。

GPS内蔵ウォッチ

  • GPSで記録を取らないと全くStravaの意味が無いので、GPSウォッチをオススメします。
  • スマホでもアプリによってGPS情報を取得出来るのですが、精度が低いのと、無駄に電力を消費するので時計がオススメです。
  • Garmin, Polar, SUUNTOの3大メーカーから選ぶのが良いと思います。特に、Garminは最近勢いがすごいので、オススメ。今はPolar V800を使っていますが、次に買い換えるならGarminを選びます。

GARMIN(ガーミン) ランニングGPS ForeAthlete 920XTJ ブラック/ブルー 心拍計・Wi-Fi Bluetooth対応 【日本正規品】 117432

新品価格
¥39,701から
(2016/9/7 11:10時点)

POLAR(ポラール) V800 HR ブラック/グレー(心拍センサー付)[日本正規品] 90047436

新品価格
¥48,277から
(2016/9/7 11:10時点)

スント(スント) コア・オールブラック Core All Black SS014279010 (Men’s、Lady’s)


Yuki Matsukura

Find out more activities: Polar Flow, Instagram

You may also like...

3 Responses

  1. Yasuaki Miki より:

    v800が使用しています。Stryd( a foot-mounted power meter)を購入しました。ホームページの指示どうりにv800で同期ペアリングするとちゃんとStrydを認識してくれました。その後にbike1〜3を選択するようになりました。bike1と2は使用している自転車があるので、bike3を選択しました。実際にランニングするときに、bike3を選択するにはどうすれば良いでしょうか?

コメントを残す