東京都トライアスロン渡良瀬大会 総合27位、エイジ7位。

概要

  • 2週間前につづき、渡良瀬遊水池へ。今回はショート。
  • 去年はエイジ1位でしたが、今年はエイジ7位。去年より出し切れた感じはありますが、ベースのパフォーマンスが低かったかなと。
  • 安田大サーカスの団長が出場していました。
  • レース後にかなり大変な失態をしてしまう。

リザルト

レース前

  • 朝8時半でこの天気!気持ち良いです。五月晴れって感じです。5月みたいな気候です。昼にかけて気温はどんどん上がります。
  • 東京の天気ですが、こんな感じ。朝と昼の気温差が15度近くあります。
  • 渡良瀬遊水池で、朝からこんなに晴れたのは珍しいかも。
この時点では気温は20度ぐらい
TEAM ACE
TEAM ACEのシールを貼りました。

バイクをセットアップ。毎年、トランジションクローズのギリギリになってしまうので早めに移動。
団長の用意がギリギリ。周りに誰も居ない。

スイム

  • 行って来いのコースを2ラップ。
  • なんか、みんな前に行きたがるので、控えめに2列目あたりからスタート。
  • 序盤は、混雑気味で、自分が蛇行しているのか周りが蛇行しているのかよくわからないけど、結構ボディコンタクトがあった。
  • 去年と同じくらいの努力感で泳ぐ。1周目はある程度ドラフティング出来た。2週目は行きはドラフティング。帰りはちょっと
  • 去年の3分落ち。半年間泳がなかったツケはなかなか返せない!

バイク

  • どフラット。やや風があり。6周。
  • 折り返しがあるので、前の人達との差がある程度わかる。1分前ぐらい前の集団がドラフティングしている感じ。ラップの度に差が開く。
  • 何度か若い人にドラフティングされたり、一緒に前のパックを目指そうみたいな感じのことを言われたけど無視してマイペースで漕ぐ。そのような人に何回かブロッキングされて凹む。
  • 去年より1分遅いぐらいにとどまる。風が去年よりあった気がするので去年と同等ぐらいのパフォーマンスか。
  • あと、空気を入れ忘れたので1週間前に入れた7気圧が最後。
  • 補給はPowerbar Hydro。使い切れなくて賞味期限が切れている。

ラン

  • 1箇所土手を上るところがあるが、フラットなコースを2ラップ。
  • 前週のブリック練習では、8kmぐらいで垂れてしまったので最初は突っ込みすぎずゆっくりめのキロ4分10秒で。
  • 徐々に暑くなり出したけど風は多少あるし、湿度はさほど高くないので暑さに垂れないで走れる感じ。
  • 6kmぐらいでお腹が痛くなって来て歩き始め、ちょこちょこ歩きが多くなりペースが激落ち。8kmぐらいで徐々に回復してきて最後2キロはキロ4分10秒ぐらいに戻る。

団長もゴール
とても天気が良いから、それだけで気持ち良い!
サイダーが旨い!

去年の3分の2くらいの練習量。強度は低め。まぁ、こんなもんか。

レース後

  • ウェットスーツを洗った後の水で水質チェック。太陽の加減が変わってしまって、比較しづらいですが、ちょっと濁っているくらい。

余談

  • バイクやウェアの洗浄を終え、財布を無くしたことが判明する。財布の中身は保険証やら現金やら、ホテルのカードキーやら。
  • どこかの荷物に紛れたかと思って隅々まで探したが発見出来ず。関わった人に連絡しまくったが特に無しとの回答。
  • 最後に見たのはレース後に着ていたウィンドブレーカーのポケット。そういえば、ウィンドブレーカー自体も無い。
  • レース後に、レース会場でウィンドブレーカーを着ていて、バイクを片付けているときに暑いから途中で脱いで、洗い物用のポリ袋に入れたはずなのに無い。。。。風が強かったから風で飛ばされた疑惑。
  • しかし、どこで飛ばされたかはわからない。レース会場から、800mぐらい離れた駐車場まで。その間のどこかで無くしたはず。
  • 駐車場で落としていたら、最悪。。。。誰にも見つけられていない可能性がある。
  • これが無いと結構やばいから、東京から渡良瀬遊水池へ戻ることを決意。時間はもう暗くなり出していたので、手持ちのライトで捜索することになるのかと思いながら。。。
  • 久喜あたり(3分の2くらい渡良瀬遊水池に近い所)で運営に忘れ物として届けられている事が判明し一安心。
トイレ休憩&電話のために立ち寄った蓮田サービスエリア
  • 事務所が新宿にあるので最寄りのインターで下りて折り返して新宿の新宿トライアスロン連盟の事務所へ。
  • 事務所は100回ぐらい前を通ったことがあるビルでした。
  • これがお財布。100均で打っているビニールの小物入れ。
  • 防水で1つ5円ぐらいで作れます。汗をかいても、雨に降られても濡れる心配が無くなる優れもの。しかし耐久性が無いのでシールで補強してある。
  • 是非お試しあれ。

Yuki Matsukura

Minedia, Inc. マインディア CTO

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください