Air Tagをロードバイクに設置!どこに入れるのが良いか?

ガジェット

概要

  • 勢いでAirTagを買ったのですが、鍵や財布は紛失したことがないのでつけても意味がなさそうだなぁと思ったのでロードバイクに設置することにしました。
  • 4個セットだと安いです。
Amazon.co.jp: 最新 Apple AirTag 4個入り : 家電&カメラ
Amazon.co.jp: 最新 Apple AirTag 4個入り : 家電&カメラ

どこに付けるか?

第一に思いつくのはサドルの下。しかしながら、結構目立つし場所が上の方なのであんまり重心的に良くないです。

この記事はではストラップみたいなのに入れて設置しています。他にも3Dプリンタでレールに取り付ける形状も会ったりします。

この記事ではフレーム内に入れ込んでます。

私のはダウンチューブに穴が無いので、BB下の穴から入れることになるかと思います。重心的に考えると下のほうだし、良い感じかと思います。しかし、電池交換を考えるとやや面倒です。

この記事ではボトルケージを取り付ける穴に一緒に取り付けています。厚みがあるので見た目が微妙なのと、負荷がかかる部分なので破損が心配です。

ツールケース

ということで、電池交換がしやすく、金属で遮蔽されていなく、盗難者が気づきづらいところを重視してツール缶に入れることにしました。(ツール缶が捨てられたら悲しいですが)

上の写真のように入れると、電波が外に届きづらくなります。

なので、以下のようになるべく金属の無い方の外側にAirTagが来るように設置します。どちらの面を外に向けるかですが、写真では金属面を外に向けていますが白い方から電波が出ているはずなので白い方を外に向けるのが良いと思います。

AirTagを探すためには元からインストールされているFind Myアプリをつかいます。

外で探してみるとこんな感じに表示されます。

家の中で表示するとこんな感じで表示されます。精度が高いです。

一般的にはAirTagが付いた物を紛失したら、アプリ上で「紛失モード」にするようです。

しかしながら盗難対策に使っている場合は、紛失モードにしてしまうと犯人に気づかれてしまうので紛失モードにはしてはいけません。頑張って自分で追いましょう。

まとめ

  • AlterLockが付いているのでAirTagを付ける必要はあまりありませんが、保険ということで。

コメント

タイトルとURLをコピーしました