GPS accuracy check between Garmin Foreathlete 935 and 945(GPS精度テスト)


概要

  • Garmin Foreathlete 945は935からGPSチップセットがMediaTekからSONY CXD 5602に変更されたようなのでどの程度変わったのかを確認してみます。

計測環境

  • 計測モードはGPSのみ。(GalileoとGlonassは利用しない)
  • 945は左腕、935は右腕。ランニング中の右腕と左腕は中心に対して70〜80cm離れている。
  • 赤坂御所周回3周。ペース走。ターゲット4分20秒。
  • 以下は、19時〜20時の衛星の状態

天気は曇り。風はほぼありませんでした。

計測結果

青い軌跡:935、赤い軌跡:945

位置は北西の門辺り。周回の中心は画像の右下なので、左右はOKです。実際歯右腕と左腕で1m程度の差がありますが、計測では6m程度です。

どちらが実際に近いかと言えば、945のほうが近いです。935の計測では車道にはみ出してしまっています。(地図とプロットが正しいという前提の場合)

国道246号側。こちらの計測結果は16mぐらい誤差があります。実際は、935と945の計測の中間ぐらいです。左側に壁があるので精度が低いのかも知れません。

左が935, 右が945。本来はこうやろうとおもっていましたが、ベゼルが干渉するので右腕と左腕に装着して走りました。

液晶は945のほうが鮮やかで綺麗です。比較しないとわからない程度ですが。

まとめ

  • 赤坂御所では大きな精度の違いは見られませんでした。
  • どちらも充分精度が高いと思います。

Yuki Matsukura

Minedia, Inc. マインディア CTO

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.