50m x 108本 (5400m) 泳いで感じること


概要

  • 毎年恒例になりつつある、108本スイムへ参加してきました。
  • 50mを1分。108本 (5400m) 。108分 = 1時間48分かかります。

履歴

  • 開始直後は40秒前半、その後は45秒ぐらいで回していました。

https://flow.polar.com/training/analysis/1008467794

考察

  • 108本を泳ぐのはただのイベントではなく、自分の泳ぎを微調整してトライアンドエラーを108回行えるすばらしい機会です。
  • 少し入水の位置を変えてみたり、キックの強さを変えてみたり、息継ぎのタイミングを変えてみたり、少しの変化をつけてみて、タイムが縮まったか、ストローク数が減ったかどうか、主観的な疲労感はどうかといったことを考えながら108本泳ぎました。

  • 普段のスイムのドリルでは、ペースや本数を数えることなどで頭がいっぱいになりますが、煩悩スイムでは100%の集中力を自分の泳ぎに集中できる良い機会です。

  • 108本を泳ぐと最後の方は、脱力して効率が良い泳ぎが出来るようになっているのが実感できます。そういう意味でも、無理の無いサイクルで行うのが良いです。

  • 1年を締めくくるために、自分の泳ぎを調整して良い状態で新年を迎えましょう。


Yuki Matsukura

Find out more activities: Polar Flow, Instagram

You may also like...

コメントを残す