アスリートエンジニアのよくある見間違い

エンジニアしかあまり共感できないと思いますが、独り言を書いてみます。

1つめ「LT」

  • アスリートでは:乳酸性閾値を指します。
  • ITでは:Lightning Talk(ライトニングトーク)を指しています。数十秒から数分の短いプレゼンです。

勉強会などで、「LTお願いします〜」って言われると、「3分間のLT値でのトレーニングはちょっとつらいな。VTでお願いします」と思ってしまいます。

2つめ「パラメータ」

最近、パワーメーターを調査していたので、パワーメーターに空目してしまいます。

パワーメーター
パラメーター
パワーメーター
パラメーター
パラメーター
パワーメーター
パラメーター

カタカナで書くと似すぎです。

3つめ「W」

ITでは、笑の略です。

「まじすかW」とか「ちょうウけるW」とか書きます。

マジスカワット。超ウケるワット。

謎。

4つめ「long」

  • アスリートでは:トライアスロンでロングと言えば、ロングディスタンス。
  • エンジニアでは:主にC言語での整数型です。

「変数はlongにしなきゃダメだよ」って言われると、頭の中ではアイアンマンディスタンスの「140.6」の定数が浮かんでしまいます。

5つめ「interval」

  • アスリートでは:インターバルトレーニング
  • エンジニアでは;タスクなどの実行間隔。

まぁ、意味していることは同じなのですが、プログラミングしているときにインターバルタイマーをセットするときに、インターバル中のCPU温度を想定しちゃいます。
インターバルトレーニング中の心拍数を気にするようなノリで。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください