IRONMAN 70.3 Philippines 完走!最高のレース環境でした!

概要

  • 2015年8月2日にフィリピンのセブ島で開催されたIRONMAN Philippines 2015に行ってきました!
  • バイク、ランでは沿道の応援が途切れることなく、たくさんの方が応援してくれました!

コースの雰囲気はこんな感じです。

リザルト

  • 5時間24分 (S 40分、B2時間33分、R 2時間6分)
  • リザルト
img_55d0990e19d90

Swim

  • Polar V800がオープンウォーターでもストローク数が出るようになりました。
  • 一応、スイムスタートはウェーブが区切られていて、その中でも6人づつスタートしているのでバトルはなし。
  • しかしながら、ウェーブを守らない人たちばかりなので、周りは遅い人だらけで抜くのが大変でした。
  • 7割行ったぐらいでスピードががくんと落ちているのは、急に潮の流れが変わったためです。
  • 残り3割位は、その潮流に乗れたので、平均速度が上がってます。
  • バイクとランが長いので、スイムはあまり追い込まないように、心拍数は160bpm程度。
img_55c7dfbd1579b

Bike

  • こちらは、一人も抜かれなく、100人ぐらい抜いたと思います。
    • スイムスタートが遅すぎたのかな。。。一応35分以下のウェーブでスタートしたのに。。。
  • たまに路面が悪いところがありますが、マーシャルが立っていて教えてくれるので安全でした。全体的には問題なし。
  • 地元の方々の応援がものすごい!島中の人が観戦しているのではというくらい!めっちゃテンション上がります。
  • 島から本島へ行くための橋がベタ踏み坂というかんじで、往復2回登ります。
  • 帰りの上りで、脚が若干攣りそうになりました。
    • 補給は、Mag-onをバイク中に4本、ミネラルのタブレットを2つ摂りましたが、攣った。。。
  • エイドの水分は、ほとんど掛水にして体温を冷やす。水分補給は最小限に、喉の渇きを潤す程度にしました (これが、ランの時に脚が攣った原因かも。。。脚は冷やしてはいけないかも。身体の部位毎の温度を感じながら調整する必要あり。)
  • エイドでは、水とGatoradeがもらえました。
    • 30km/hぐらいでボトル取るのは難しかったけど、慣れるといける!たのしい。
    • 沿道の子どもたちが空いたボトルをすごい要求してきます。
    • ミドル以上のレースでは、DHバー上にボトルホルダーがあると便利だなぁと思いました。
Screen Shot 2015-08-10 at 08.32.33

Run

  • 500m走ったところで、両腿(大腿二頭筋)が攣ってしまい、歩けなくなり、休憩。。。。
  • 沿道のアスリートらしき人に、いろいろ声をかけてもらった。。。。「本当にミネラル獲ったのか?」「水分獲ったのか?」「両方とってたら攣るわけ無い!」みたいなこと言われた。。。(TOT)
  • 歩いて、止まってストレッチを繰り返して、最初の救護に到着。3分ほどマッサージを受けて、走り出しました。
  • でも、やっぱりすぐ攣るので休み休み。
  • ランの最中はずっと、攣らないように走ることで精一杯という感じでした。
  • エイドはGatorade、コーラ、氷、ジェルなどすごい充実。間隔も500mから1kmごとにあって、すごい充実!!
Screen Shot 2015-08-10 at 08.32.59

Finish

  • ゴール後は、ビールや水、お菓子などが食べ放題!!マッサージも無料。
  • すごいリッチな感じでした!!これで参加費(FinisherPix含む)が$357.76 USDなのは、お得だなぁと感じました!
  • 海外遠征は大変ですが、リピートしたい大会です!

Strava

コース図

ironman philippines 2015 swim course
ironman philippines 2015 bike course
ironman philippines 2015 run course

Yuki Matsukura

Minedia, Inc. マインディア CTO

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください