Garmin Edgeで”みちびき”が見られるようになった

概要

写真に写っているQ1,Q2,Q3がみちびきです。屋内から出てすぐに計測しているので信号精度は低いです。

影響としては、ビル街などの迎角が低い方向への見通しが悪い場所での電波が届きやすくなっているので町中での精度が上がっているはずです。

屋外では充分に精度は高いです。彩湖の土手折り返し部分。10周してこの綺麗さ。実際にはなんだかんだ左右20cm以内の誤差の中でコース取りしているのでこの縮尺ではほぼ1本に見えて欲しいのでとても正しそう。誤差3mじゃなくて2m以内ぐらいで取れている気がします。

ちょっとしたハックとしては、Garmin EdgeやGarmin ForeAtheleteの電池節約のためにGPSのみにしています。GPS+GLONASSとかやってもみちびきのほうが精度が高いので他の信号を受けても無駄に電池を食うだけなので。

参考資料: https://woresite.jp/2017/11/09/055343.html


Yuki Matsukura

Minedia, Inc. マインディア CTO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください