トライアスロンの距離

距離を表現する呼び方は色々あり、混乱するので要点をまとめました。

3カテゴリ

色々な呼び方がありますが、まずは大きく区切ると以下の3つの距離があります。
まずは、この基本を覚えましょう。

  • ショート・ディスタンス
  • ミドル・ディスタンス
  • ロング・ディスタンス

この中でも、真ん中のショート・ディスタンスが基本です。オリンピックに使われていたり、大会数が一番多い距離です。

ショート・ディスタンス

  • 距離
    • Swim: 1.5km
    • Bike: 40km
    • Run: 10km
  • オリンピックで使われる距離です。この距離を覚えれば、ざっくりとミドルは2倍。ロングは4倍するだけです。
  • 開催される大会の数が一番多いです。
  • 時間はエリートで、2時間。アマチュアだと2〜3.5時間程度かかります。
  • オリンピックディスタンスとも呼ばれます。

ミドル・ディスタンス

  • 距離(だいたい)
    • Swim: 1.9km
    • Bike: 90km
    • Run: 21.1km
  • ミドルディスタンスに明確な定義はありません。
  • おおよそ、ショートの2倍の距離です。
  • 世界的にはミドルディスタンスと言えば、IRONMAN 70.3で使われる距離を指す事が多いです。上記の距離はIRONMAN 70.3の距離です。
  • 国内で、メジャーな大会は10大会ぐらいかと思います。
    • 徳之島、珠洲など。
  • 時間はエリートで、4時間。アマチュアだと5〜7時間程度かかります。

ロング・ディスタンス

  • 距離(だいたい)
    • Swim: 3.8km
    • Bike: 180km
    • Run: 42.2km
  • おおよそ、ショートの4倍の距離です。
  • 国内では4大会のみです。
    • 宮古島、佐渡、皆生、五島。
  • IRONMANで使われる距離が上記です。IRONMANディスタンスとも呼ばれます。
  • 時間はエリートで、8時間。アマチュアだと10〜14時間程度かかります。

距離を図にすると

トライアスロン 距離

Quoted: https://www.stlouistriclub.com/so-how-long-is-a-triathlon/

時間の割合

トライアスロン 時間割合

世界記録

  • オリンピックディスタンスの世界最速はSimon Lessingが1996年に出した、1:39:50です。

Yuki Matsukura

Find out more activities: Polar Flow, Instagram

コメントを残す