小田原→箱根→富士スバルライン 90kmバイクトレーニング


5617_Kamiyoshida__Fujiyoshida-shi__Yamanashi-ken_403-0005_to_神奈川県小田原市_-_Google_Maps

概要

  • 普段なら、朝に家を出て、ヒルクライムして帰ってきますが、家につくと夜になってしまい、1日があっという間に終わるので、前泊するプランを考えました
  • その結果、睡眠環境の確保が最も重要な事とわかりました。

トレーニングプラン

土曜

17:30 万葉の湯チェックイン

日曜

03:00 万葉の湯チェックアウト
03:30 小田原初
04:00 箱根ヒルクライム開始
05:00 箱根山
移動
09:00 富士ヒルクライム開始
12:00 河口湖着
13:00 河口湖発
15:00 着

万葉の湯 小田原店

  • 土曜に、自転車の整備をしていたら時間が押してしまい、20時ごろチェックイン
  • 小田原駅が超綺麗!
  • 輪行バッグを預かってもらえるか不安でしたが、問題ありませんでした!
  • 仮眠室では、イビキがすごいうるさくて、ほとんど寝られませんでした orz
  • イヤホンしてましたが、イヤホンでは塞ぎきれないぐらいうるさい人が数名居て、ほんと辛かった。。。ノイズキャンセリング必要。ここでの睡眠がトレーニングの質を左右します。
    IMG_0476

小田原→箱根湯元

  • AM 2:20起床
  • AM 2:30入浴
  • AM 2:50チェックアウト
  • AM 3:00 – 3:30 補給とストレッチ
  • AM 3時半頃出発。
  • 日の出時間が4:30頃だったので、3時半頃には明るくなるだろうと思っていましたが、真っ暗です。
  • 車通りが少なくて走りやすい!
    IMG_0477

  • ライトを持ってきてよかった
    IMG_0478

  • テールライトも持ってくればよかった。
    IMG_0484

  • 15分程度で箱根湯本へ到着〜

  • ストレッチしつつ、ちょっと明るくなるまで湯元で待ちます。お店が1件も開いていないから、時間が潰せない。。。
    IMG_0489

芦ノ湖

  • 箱根旧道を48分で登りました。
  • 自走してきた後の去年のタイムより2分遅いってどーいうことですかね。(バイクの値段は4倍近く違うのに)
  • 4:50頃到着
  • 釣りをしている人がちらほら。サイクリストは居ません。不思議そうな顔で見られました。
  • 気温10度ちょっと。ウインドブレーカーを邪魔だからといって持ってこなかったことを後悔。。。
    IMG_0490

  • 遊覧船は不在
    IMG_0491

  • もう一方の遊覧船発着所へ。近くに遊覧船発見。(写真なし)
    IMG_0494

  • 風がなく、とても穏やか。
    IMG_0495

IMG_0496

  • 仙石原
  • 霧と相まってとても神秘的な感じでした
    IMG_0498

  • 箱根下り。

  • 富士見台みたいな展望スポットのちょっと下で撮りました。
  • あそこまで行くのかと。。。
    IMG_0499

  • 箱根を下った後は、標高600mぐらい。そこからだらだらと登り。

  • 富士スバルラインは標高1000mぐらいなので、そこまで若干のアップダウンを含めつつ、進むことになります。
    IMG_0500

  • 途中の籠坂峠。峠があるとは知らなかった。

  • サイクリストともぼちぼち遭遇しだす時間になってきました。
    IMG_0502

  • 山中湖沿いはめちゃくちゃ走りやすい!
    IMG_0503

  • 少し調子が戻ってきたかな。。。
    IMG_0509

富士スバルライン

  • 8:30
  • ここから料金所まで4kmほど登り。
  • すぐ脇をバスや車が猛スピードで走り抜けていくので危ない。けど、どうしようもないから耐える。
    IMG_0517

  • お天気は最高!
    IMG_0520

  • 予定通りAM9時に料金所到着。

  • しかしながら、追い込みすぎたせいか、心臓が痛いので、富士ヒルクライムは中止。去年の小松鉄人レース以来、2回目の心臓の痛みが。。。長時間高負荷を続けると痛くなるっぽいです。
  • ウィンドブレーカーも無いし。
    IMG_0521

  • ヒルクライマーたくさん居ました。

  • LookとCannondaleが多かった。
    IMG_0524

河口湖駅

  • なんと、高速バスの予約をしようとしたら、予約はバスが出発地を出るまでor出発30分前というルールがあるようで、30分後のバスを予約できず、約1.5時間後のバスに乗ることになりました。
  • 吉田うどんと、ホットドッグみたいなものを食べてバス待ち。
  • 眠すぎて、食べながら寝落ち。
    IMG_0525

  • 奇跡的に、バスの時間に起きられて、乗車できました。

  • 13時頃には地元に到着〜。
  • ほとんど寝ていたので、タイムスリップしたような感覚がありました(w
    IMG_0529

Polar Flow

V800の記録です。

IMG_0527

IMG_0528

まとめ

  • 最高気温30度でも、ウィンドブレーカー必須。
  • 万葉の湯でのいびき対策が必要。
  • 時間効率はとても良かったです。

Yuki Matsukura

Minedia, Inc. CTO

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.