POLAR ストライドセンサー


概要

ランの重要指標は以下の2つです。

  • 歩幅
  • ケイデンス

これらに対して自分の適正値を定め、計測することによって、自分の弱点を定量的に把握できます。
たとえば、ケイデンス又は歩幅、どちらをどのように改善していくのか計画が立てられるようになります。

Polar V800はケイデンスセンサーも管理できます。
週2回、屋内のトレッドミルで走っているのでその際のケイデンスや距離も管理したかったのでケイデンスセンサーを買ってみました。

この商品はV800が無くても、iOSやAndroidとBluetoothで接続出来ます。

POLAR(ポラール) ストライドセンサー Bluetooth Smart 91046786
IMG_4023

ランニングのケイデンス

マラソンのケイデンス目安は以下の表のようになります。
私の場合、身長が175cmなのでサブ3を目指す場合は91〜93回転です。

Marathon Time 4 hours 3 ½ hours 3 hours 2 ¾ hours
Pace  5:42/km  5min/km  4:17/km  3:55/km
Height
190 84-86 86-88 88-90 90-92
180 86-88 88-90 90-92 92-94
170 88-90 90-92 92-94 94-96
169 90-92 92-94 94-96 96-98

http://www.polar.com/ja/training_with_polar/training_articles/maximize_performance/running/how_fast_are_your_feet_ask_the_polar_RS800

実走

10kmペース走 キロ4分ペース

サブ3よりペースは速めで、ケイデンスは93ぐらいなので、適正値と言うことが分かります。
ということで、歩幅も適正値と言うことがわかります。
Session_analysis_-_Polar_Flow

シティ5km キロ4分ペース 2セット

町中なので、ペースが4:30ぐらいです。
ケイデンスは96と高め。心拍も高めです。走りが小さくなってしまっているので、この場合は股をしっかりと上げて歩幅を確保するように心がける必要があります。
Session_analysis_-_Polar_Flow

トレッドミル キロ3.8分ビルドアップとWSx4

ケイデンス93ぐらいなので適正ですね。
ペースが遅いのはストライドが小さいからというのが何回か走って解ってきました。
https://flow.polar.com/training/analysis/23071615

Session_analysis_-_Polar_Flow

まとめ

  • ケイデンスの値はかなり正確
  • バイクシューズに付ければ、ケイデンスも取得出来ます

追記

  • 2015年末か、2016年頭くらいに、V800でランニング時のケイデンスを取得出来るようになりました!結構正確に取れるので、別途ストライドセンサーは不要かと思います。

Yuki Matsukura

Minedia, Inc. マインディア CTO

You may also like...

1 Response

  1. Yuki Matsukura より:

    Polar V800の時計自体でストライド数が計測出来るようになったのでストライドセンサーを別に買う必要は無くなりました。
    結局は、Polarのストライドセンサーは、脱落しやすいです。2個買って、2個とも1年以内に無くしました!!!!!

    無くしたら探せない。。。。。。。。。高いくせして、役立たず。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.