Polar V800 修理

背景

  • 買ってから4ヶ月が過ぎ、2014年9月ごろから、Polar V800の充電器に接続しても充電されなくなりました。
  • 充電器を思いっきり時計に押し付ければ、かろうじて充電、データの同期ができました。
  • しかし、2014年10月末にはいくらおもいっきり充電器を押し付けても充電もPCへの接続もできなくなり、ファームウェアのアップデートができなくなりました。

修理

  • 日本の修理代理店に送ったところ、海外で買ったものは保証外で、実費の3万円がかかると言われました。。。。
  • 私のPolar V800はアメリカで買ったので、日本の代理店では修理できないとのこと。
  • これは、ひどい。。。。。
  • 大会や練習会も毎月のようにあるから、3万円払ってでも直したかったのですが、買ってから半年もしないで故障したことは腹立たしいので、アメリカに送ることにしました。
  • アメリカのPolarは、返送先がアメリカの住所である必要があるとのことでした。仕方なく、アメリカにいる友人の家に返送してもらうように手配しました。
  • そして、友人が日本に来るときに持ってきてもらいました。
  • 箱を開けてみたところ、新品交換でした!しかも、微妙にマイナーアップデートされています。
  • 裏の充電器を設置するところにカバーが付いています。やはり、ここが一番デリケートなのかと思います。
  • ほんと、V800はプロダクトとしてとても素晴らしいので、壊れないでほしいです。長く使いたい!

請求書

  • 1ドル120円換算すると、50,568円。
  • 保証期間内なので無料です。
  • 修理に出してよかった!
    polar v800 invoice

Yuki Matsukura

Minedia, Inc. マインディア CTO

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください