BBBブレーキシューの減りが早い問題

ガジェット

概要

以前取り付けたBBBのブレーキシューからかなりの量のブレーキダストが出るので調査してみました。

新品の厚みは9.9mmでした。そこから、Fulcrum racing zero niteのホイールで300kmほど街乗りをしました。期間は3週間です。

乗っている時に、フロントのブレーキの引き白が増えてきたので何回か引き白を縮めました。

計測

フロントは8.0mmでした。なんと2mmも減ってます。この調子でいけばあと約2ヶ月で使い切ります。。。

さすがに2mmも減っていると上の写真と比べても、白い部分のボリュームが減っているのがわかります。

リアは9.4mm残ってます。

フロントの減りが3.5倍ほど早いので前後でブレーキシューをローテーションしてあげた方が良さそうです。それに加えて、リアブレーキを多め使うとかが良いかなと思います。

街乗りなのでブレーキングの度に後ろ荷重にするのが面倒なのでフロントブレーキを多めに使う感じで乗っていたためというのもあります。

そして、フロントブレーキの隙間にはブレーキダストが詰まってます!これではなんの意味もないです。。。

先の細いもので穿って取り出します。そこそこ硬いので自然には取れなさそうな感じでした。

リアは溜まっていなかったです。フロントだけでこれだけのゴミが出てきました。

考察

fulcrum racing zeroのリムはブレーキが効きやすいように凹凸が付いています。その影響が大きいのかもしれません。

つぎは、Shimano純正にしようかなと思いました。

シマノ(SHIMANO) リペアパーツ R55C4 カートリッジタイプブレーキシュー & 固定ネジ(左右ペア) BR-9010-R BR-R7000 BR-R7010-RS BR-R8000 BR-6810-F Y8L298060
・リペアーパーツ ・ウェット時の制動力が高い ・商品の取り扱いに不安のある方はお近くの自転車販売店、専門店にご相談下さい。

まとめ

  • 減りが早い

追記

減りが早い原因がわかりました!

現在使っているアルミホイールであるFulcrum racing zero niteはリムの部分が、「プラズマ電解酸化処理」されています。これは、表面がギザギザしていて接地面積が広くなっています。それに対応するために専用のブレーキシューが必要なようです。

例えば、これ。

BBBだと減りすぎるので、fulcrum racing zero nite専用品に変えました。

ブレーキの効きはBBBとほぼ変わらないです。いづれにせよ、リムはギザギザしているので、普通よりかは減りが早いと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました