AlterLock Gen2の取り付け (GPSと振動センサによる通知で安心駐輪)

ガジェット

概要

2018年からAlterLockを使っていますが、駐輪中にAlterLockを物理的に破壊されて壊れてしまったので新しいAlterLock2を買いました。

以下はAlterLockの写真。第1世代のものです。

AlterLockとはなにか

AlterLock自体にGPSレシーバ、Sigfox (携帯電話のSIMカードみたいなもの)、加速度センサが含まれていて、駐輪中に誰かが自転車を動かすとブザーが鳴って威嚇しつつ、スマホに自転車の現在地とアラートがプッシュ通知で送られてきます。

過去に駐輪中に何回かこのアラートが飛んできたのでおそらく盗難を防いでくれたのかと思います。誤検知かどうかはわかりませんが。

Sigfoxが乗っているので、本体を購入する金額もかかりますが、毎月の利用料が400円ぐらいかかります。

AlterLockを利用してみればわかりますが、駐輪中の安心感が全然違うのでロードバイクの盗難のリスク対策を考えると安いものだと思っております。

壊された形跡

ロードバイクの洗車をしていて気づきました。物理的にAlterLockが壊されかけている跡があります。この部分は普通に使っていれば物があたったりして損傷するようなところには無いので明らかに壊そうとした跡です。

AlterLockのサポートにも写真とともに問い合わせてみましたが、不自然な壊れ方をしているという回答をもらいました。

外のケースが壊れてしまっているので、しばらくは正常に使えていましたが、水が混入してしまったようで1ヶ月後ぐらいに使えなくなりました。

新しいAlterLockを買おうと思っても半導体不足の影響で入荷が3ヶ月待ちでした。このたび、やっと手元に届いたので取り付けます。

AlterLock 第1世代との比較

第1世代の重さ。

AlterLock2の重さ。8gほど軽くなっています。

せっかくなので壊れた第1世代を分解してみます。分別して捨てないといけないし。

AlterLockのブザーを止まらせるためには、このブザーの配線をカットしてしまえば良い感じですね。隙間にマイナスドライバーを突っ込めば接点をショートできそうな構造です。

ブザーの位置関係はこんな感じ。バイクの右側からマイナスドライバーを真横に挿せば止まっちゃいそう。

こちらがAlterLock2。新しいので壊して分解できませんw

取り付け後。

スマホのAlterLock画面はこんな感じ。下のボタンをスライドすることによってロックモードにしたり解除したりします。

類似事例

最近は、テールライトに盗難防止機能がついているものがあったりします。

AlterLockほど高機能ではなく、ロックモードにしているときに振動を検知するとアラームが鳴るようです。さほど高くないバイクにはこれで十分な気がします。

自転車 テールライト 盗難防止アラーム 自動点灯 自動消灯 usb充電式 高輝度 長時間対応 オートライト セーフティライト テールランプ ロードバイク リアライト IP66防水防塵 オートアラーム 日本語説明書付き 簡単装着 T-VOX(A5シリーズ) 12ヶ月保証期間
自転車 テールライト 盗難防止アラーム 自動点灯 自動消灯 usb充電式 高輝度 長時間対応 オートライト セーフティライト テールランプ ロードバイク リアライト IP66防水防塵 オートアラーム 日本語説明書付き 簡単装着 T-VOX(A5シリーズ) 12ヶ月保証期間

まとめ

AlterLock2は電池の持ちが悪いです。第1世代の半分近い感じがしております。1週間ぐらいで電池切れになっちゃいます。しかしながら、第2世代の方は定期送信なしの場合は45日間持つと書いてあるのに。。謎。

AlterLock2になって、1回目は5秒のアラームが鳴るだけの警戒もできるので自分でアンロックしないで動かしてしまったときにもあんまり恥ずかしい思いをしなくなりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました