葉山 <-> 箱根 150km 1450m up トレーニング

概要

  • 葉山、湯河原、箱根、葉山ルートでバイクトレーニング
  • 5時間で帰ってこられるという見積もりは甘かった。

道のり

  • 葉山の有名イタリアンで朝ご飯。

  • 10時過ぎに出発。(遅すぎ)
  • 北東の風。2,3m/sくらい。車が近いからDHバーは使えないかんじ。
  • 原付に追いついたり追い越したりしながら大磯を通過。
  • ヒルクライムに温存するために行きの平坦は、ゆっくりめに。
  • 休憩は小田原、湯河原、箱根2回、大磯の合計5回。

  • いきなりですが、湯河原駅前の写真。

  • 無料温泉があるので、腕を洗う。さすがの泉質。軽く汗を温泉で流しただけなのにすべすべに!

  • これから登る山
  • ドリンクボトルを忘れたので、ペットボトルの麦茶。(太めの600ml)

  • 椿ラインの写真。
  • 相模湾方面。綺麗!
  • オートバイ多くて怖い。走行ラインが同じだからすぐ近くを抜いていく。
  • 椿ラインの途中にあるヘアピンカーブで、オートバイが対向車線にはみ出たようで、車のフロントに下敷きになっていました。怖い。

  • 箱根方面。ほぼ上の方です。標高900mぐらい。

  • 20kmは長い。。。

  • 天気が良いから楽しい。

  • とりあえずご褒美。寒いけど。

  • 相模湾方面もくっきり見えます

  • 旧道で帰るために、芦ノ湖へ下ってきました。この下りが寒すぎて手がかじかみまくり
  • 緊急ピットイン!湖畔は暖かかったので、10分ぐらい暖まって出発。
  • 冷えたせいか、ハムストリングスが変に痙りそうな状態がしばらくの間続く。
  • ローディーに、「TTバイクでここまで来たの!?笑笑笑」と言われる。

  • 箱根湯本まで来れば暖かい。ウィンドブレーカー不要。

  • そういえば、アミノ酸を取り忘れた。筋疲労が抜けないかんじ
  • 大磯のコンビニで、とりあえずタンパク質っぽい物を補給。
  • この後、ロードバイクの人達を追い越すと、後ろに付かれて煽られる感じを江ノ島まで続ける。。。。その数10台ほど
  • 最後の追い込みが出来て良かった。

  • TryBase でコーラ(500ml 150円!安い!)を補給。

  • 稲村ヶ崎からの夕日

その後

  • 夜、くしゃみが止まらなくなり風邪っぽい症状。微熱もあり。
  • お腹いっぱい食べて、寝て朝起きたら回復。
  • おそらく、箱根の山で一気に冷えすぎたのが原因。

まとめ

  • もう一人では行きたくない。
  • 独り占め箱根駅伝のすごさがわかる。。。

Yuki Matsukura

Minedia, Inc. CTO

You may also like...

コメントを残す