自動負荷調整が出来るローラー台(Tacx Bushido Smart)を買いました


bushido smart

概要

  • 寒いと、バイク乗りたくなくて練習量があからさまに下がるので、Zwiftをやるための環境を整えようと思いました。
  • 最近、Webを調べているとZwift乗っている人が多くて、めっちゃうらやましいっていうのがありました(w
  • ローラー台の「スマートトレーナー」という部類の物を買えば、Zwiftと連動して、負荷を自動調整してくることがわかったので、ちょっと高いけど買うことにしました。
  • Wiggleで約9万円です
  • 20万ぐらい余裕で出せるなら、ホイールが不要のスプロケだけがローラー台に付いている物の方が良さそうです。

タックス トレーニングバイク ブシドー スマート ローラー台

新品価格
¥86,559から
(2016/11/3 12:28時点)

開封の儀

  • Bluetooh, ANT+に対応してます。電源は不要です。(ベランダに置きっ放しで、いつでも使える状態に出来るのは良い!)
  • 自己発電ってかんじです。

IMG_3835

 

中の発泡スチロールがたちわるくて、すぐに崩壊するから部屋中汚くなった。。。屋外で開封作業下方が良いです。

IMG_3836

 

IMG_3802

 

設定通りやるには、2なんですけど、2だとタイヤに設置しないので、(たしか)1にしました。

IMG_3803

IMG_3804

IMG_3805

IMG_3806

 

本体がすごい重いので、結構大変。

IMG_3807

IMG_3809

 

 

初期設定

  • ローラー台のファームウェアを最新にしないと、zwiftとの連携が出来ないです。
  •  iOSのアプリと連携して、更新を行います。
  • アプリ上でローラー台の簡易テストも出来ます。

IMG_3810

IMG_3811

 

  • バルコニーに設置しました。
  • 物干しがPC台にちょうどよいです

IMG_3812

IMG_3813

IMG_3814

IMG_3815

 

  • アプリのテスト画面

IMG_3816

IMG_3817

 

  • Polar V800とBluetoothで連携してみました。ワット数とケイデンスが出ます。
  • ケイデンスセンサが無いのに、勝手に計算してくれています。ケイデンスセンサーが不要になるので、ラッキー。

IMG_3830

 

  • 雨に濡れないように、一応一段階床から高くするためにマットを購入。スーパービバで3000円。安い。頑丈だし、良い。

IMG_3824

IMG_3825

  • Zwiftのトレーニングメニューと連動するので、ワークアウトメニューを選んで乗るだけで、しっかりトレーニング出来ちゃいます。
  • 自分で負荷を調整しないでワークアウトできるのは、非常に楽!!

IMG_3851

  • ZwiftしたときのV800の結果
  • 2016年11月時点、直っていませんが。V800との連携は諦めましょう。

zwift v800

しばらく使ってみた感想

  • Zwiftでフリーライドの場合は、自動で負荷を調整してくれるので楽!
    • 普段はワークアウトメニューをやっているので、乗っていれば勝手にケイデンスを加味してワークアウトの強度に調整してくれる!
    • 例えば、目標強度が200Wで、170Wぐらいで乗っていると負荷が高くなる(ケイデンス維持)。逆に、250Wぐらいで乗っていると負荷が勝手に軽くなる(ケイデンス維持)。bushido側ではケイデンスが維持される元で計算しているので、意識的にギアを調整して、乗りやすいケイデンスに調整するのがよいです。(言葉で言うと難しいかも知れませんが、簡単です)
  • 300Wとかの負荷になったときに、自動的に負荷が高くなる。(ここまでは普通)その後、回転数が減るため、もっと負荷が高くなる→タイヤとローラー台の摩擦が足りなくて滑る。
    • タイヤとローラー台の微妙な圧力調整が必要です。ローラー側のダイヤルで調整。タイヤの空気圧調整も合わせて調整する必要あり。高負荷になるとグリップが重要なので、ローラー台専用のタイヤを買った方が良いと思う。
    • 自動負荷を切ってしまうのも有り。自分の好きな負荷に設定して漕ぐ方が楽かも。
  • 600Wが10秒といったワークアウトをやると、ローラー台の反応が若干遅いので、10秒以内に600Wといった高負荷に追いつかない。
    • ワークアウトのクオリティが低くなって、Zwiftで☆がもらえない。
  • ワット数は、Kaiserのスピニングバイクとほぼ同等な感じなので、正確だと思います。

まとめ

  • 金額だけ見ると高いけど、質の高いトレーニングを自宅ですぐに行える環境を整えると考えると、メリットも大きいです。
  • 自宅にトレーニング施設を整備していく事によって、ジムに行く必要がなくなり、毎月の固定費を抑えられます。8万円なら、ジム代金約10ヶ月でペイします。
  • Bushido Smart Trainer オススメです!

Yuki Matsukura

Find out more activities: Polar Flow, Instagram

You may also like...

3 Responses

  1. Yuki Matsukura より:

    1年経って、ダイレクトドライブが10万円ぐらい(半額ぐらい)になってきたから、今ならダイレクトドライブ買う。
    http://bit.ly/2mWqC57

  1. 2016年11月25日

    […] Zwiftを導入したときの記事 […]

  2. 2016年12月9日

    […] いや〜、ほんと、自動負荷調整付きのローラー台は楽!Zwiftでワークアウトメニューを決めて、見る映画を再生すればあとは何も考えずに漕ぐだけ! […]

コメントを残す