ペダルの回転が重い!分解掃除をしました (ULTEGRA PD-6800)


背景

  • 片方のペダルが渋い動きをしていました。
  • 普通、ビンディングの重い方が自然に下に来るはずなのですが、来ません。

メンテナンス後のペダルと、メンテナンス前のペダルの動き比較動画

分解

分解は簡単です。レンチだけでシャフトを分解できます。

↓なんと、髪の毛が中から出てきました。。。謎。
前回は、Duraグリスを封入したのですが、黒っぽくなっています。

ULTEGRA PD-6800 シャフト 分解

右側に拭き取ったグリス。黒い!
ULTEGRA PD-6800 シャフト 分解

Pedal clean up

ベアリングも全部出して、組み立てて終わり。
ULTEGRA PD-6800 シャフト 分解

注意点

  • 部品点数は少ないですが、結構精密で、玉当たりの調整が必要です。パワーがかかる部分なのに、調整や部品はとても精密なところです。
  • ペダルと軸のねじ切りが若干甘くて、無理矢理ねじ込むと別のねじ山が新たに作られてしまいます。慎重に組み立てましょう。

Yuki Matsukura

Find out more activities: Polar Flow, Instagram

You may also like...

コメントを残す