「ロードバイク」と「TTバイク」の違い。40kmで約4分半違う!

調査

概要

  • ロードバイクとTTバイクどれだけの差が生まれるのかを実走行で実験した動画を見つけました。
  • 遊び的な実験なのでそこまで細かくは語られていないので1事例として軽く見てもらうのが良いと思います。

実験環境

3kmのフラット。

ほぼストレート。

出力を350Wで固定

風向き: 未計測

用いたバイク

ロードバイク:Cervelo S5 (定価 120万円ぐらい)

おそらく2017年あたりのモデル

Cervelo S5

TTバイク: Cervelo P5x (定価 200万円ぐらい)

Cervelo P5x

計測結果

ロードバイク: 4分55秒

TTバイク: 4分35秒

3kmで20秒差が付きました。

40kmのショートのトライアスロンに換算すると、約4分26秒

90kmのハーフIRONMANに換算すると、10分

180kmのIRONMANに換算すると、20分

考察

たった40kmでは4分26秒も違うのは驚きです!

40kmのショートではテクニカルコースの場合はここまで差が出ないと思います。

リムハイトも違うようですのでフレームとDHポジションによる風の抵抗が減ったことだけが起因しているわけではないです。

Apple to Appleでの比較は結構たいへんだと思うので簡易的な実験となっている感じですね。

元ネタ

Global Triathlon Networkの実験動画です。

morytrade 自転車 おもちゃ ロードバイク TTバイク 模型 ダイキャストカー 1/10 (赤)
リアルなダイキャストモデルのロードバイク、タイムトライアル仕様です。フレームは金属製ですので、質感よく、ペダル、クランク、チェーン、前後ホイール、ハンドル、スタンドが動きますので、子供から大人まで喜ぶおもちゃです。 フィギュア、車模型、プラモデル等と組み合わせて楽しめます!大人向けのコレクションにも耐えるクオリティです...

コメント

タイトルとURLをコピーしました