Shiv内蔵ハイドレーションのカスタマイズ

概要

  • 前回に引き続きShivの内蔵ハイドレーションをちょっとカスタマイズしてみました。
  • 今回の実験結果は、しっくりきたので公開してみます。

今までの問題

  • ホースがぷらぷらしてしまって、フロントブレーキにホースが挟まったりして、大変でした。
  • Camel Pakのホースが若干堅くて、ホースの取り回しがちょっと難しくて、固定しておくのが難しかった。

アプローチ

  • ホースを東急ハンズでシリコン製のチューブにしました。シリコンなのでとても柔らかく、取り回しがしやすいです。
  • 値段は700円弱でした。1m買って、10cmほど切りました。
  • 逆にホースが柔らかくて、フレーム内に入れるときに若干入れづらくなりましたが、最初だけだからまぁ、大きな問題では無いです。

シリコンチューブ

  • ホースを固定するためにフェライト磁石を付けました。ビニールテープでちょっと見た目は悪いですが使用には問題無いです。
  • 磁石にもたくさん種類があって、どれにするか悩みました。とりあえず一番安いのにしてみました。ほんの少し弱いなぁと感じていましたが、まぁ良いです。
  • 逆に、点で支えるより面が大きい方が良いかんじです。なぜなら、面の方がある程度適当にホースを置くだけでくっついてくれるからです。点だと、そこにちゃんと置かないとくっついてくれないため。
    フェライト磁石

完成形

  • 水分をフル搭載して、2.5Lほど。帰り、暑くなって1.5L買い足したけど。
    Shiv ほぼレース仕様

Shiv ハイドレーションホース

まとめ

  • シリコンチューブはとても良かった。
  • 磁石の場所と種類はもう少し改善できるかも。
  • 磁石の固定にビニールテープを使って居ますが、見た目がいまいち。

Yuki Matsukura

Minedia, Inc. マインディア CTO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください