オススメの自転車用トルクレンチ

概要

ずっと欲しかった、トルクドライバー買いました!
そもそも、自転車にはたくさんネジが付いていて、それぞれのネジに適切な締め具合があります。締めすぎも締めなさすぎも良くないです。

絞めすぎるとフレームやねじの雌のほうが切れてしまうかもしれない。特に高級フレームの場合は、ねじ穴が切れたらフレームの価値がかなり落ちてしまいます。
逆に、緩い場合は乗っている時に外れてしまい、危険な事になるかもしれない。たとえば、ダンシングしているときにステムが外れたりしたら大変です。。。

命を乗せて走る自転車なので、適切なトルクでネジを締めてあげることにより、安心して自転車に乗れるようになります。

たとえば、車のホイールのボルトはトルク管理されています。

トルクドライバー

値段はピンキリです。
値段は精度に比例して、5000円程度から、数十万円レベルまであります。

あと、パラメータとしては、トルクの範囲(だいたい4Nmから25Nmぐらいあれば、ほとんどOK)、ヘッドのレパートリーです。

締め付けトルクの例

庶民は、精度はほどほど出ていれば大丈夫なので、お手頃な以下のトルクレンチを買いました

真ん中のボタンはロックです。これを押すと、先端のビットを抜き差し出来ます。
ラチェットも付いています。
IMG_3788

トルクは2Nmから24Nmまで。
微妙な5.5Nmとかは、職人技で目盛りを合わせましょう(w
IMG_3787

9種類のビットが付属しています。
IMG_3786

唯一1枚の説明書です。
IMG_3783

規定のトルクに達したら、この首のところが、カチッと少し曲がります。これを聞き逃すと絞めすぎてしまいます。
IMG_3780

まとめ

トルクを管理して、安全な自転車ライフを!


Yuki Matsukura

Minedia, Inc. マインディア CTO

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください